振袖レンタルサービスを使って特別な日に相応しいものを着よう

振袖レンタルサービスを使って特別な日に相応しいものを着よう

振袖レンタルは早めに予約を入れないと着付けの予約ができない事も

パソコンで調べものをする

振袖レンタルを利用する流れとしては、レンタルショップで好みの振袖を決めたら利用料金を払って契約、その後成人式までに振袖が自宅に届くので、当日はこれを持って支度会場に行って着付けとヘアメイクをしてもらい式に出席する、というのが基本的なものです。単純な流れなので特に難しい事はありませんが、気を付けたいのはレンタルショップを利用するタイミングです。成人式までに間に合えばいいのだろうと考えて、ギリギリまで予約しないつもりでいると間に合わなくなる可能性が高いです。
振袖自体が残っていたとしても、当日の着付けの予約は出来なくなるので、振袖があっても着られないという事になってしまいます。では、どのくらいがギリギリのラインかというと、成人式前年の8月9月くらいならまだなんとか予約は可能でしょう。10月を過ぎたらごく一部のお店しか予約できなくなります。これ以降については着付けの予約はほぼ無理と考えて、自分で美容院などを探す事も検討に入れなければなりません。
最近では成人式2年前には予約を済ませてしまうのが普通ですので、ある程度着付けの時間などに余裕を持たせるなら成人式前年に入った時点で、速やかに予約は入れたほうが無難です。特に理由が無ければ前年の春くらいまでには予約を入れておきましょう。